酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3巻 感想

ようこそ実力至上主義の教室へ2年生編3巻の感想を書いてきいます。無人島試験の前編ということですが、まだ話の仕込み段階という感じでした。綾小路無双が早く見たいですね。

無人島の地図が巻頭に書いてあるのですが、私は電子書籍で読んでたので、電子書籍だと地図をいちいち確認するのが面倒でした。

 

・今回の試験

今回の試験の説明はめっちゃ長かったですが、基本は割とシンプルなルールで基本移動しつつ、課題をこなすという感じでしたね。人数が非常に重要な試験ですが、綾小路が一人でどこまで上に行けるのかが見どころになりそうです。正直3巻の段階では1位を取れる雰囲気がないですし、ホワイトルーム生とも戦わなきゃいけないので、今回は綾小路はほどほどの活躍に留まるんですかね。同じく一人参戦の高円寺は1位を取るほどの活躍を見せていて、綾小路を超える身体能力を持っていそうです。綾小路も本気出せば、1位取るくらいの力があるかもですが、今回は七瀬と同行していて、本気出してない感じがしますね。

 

・綾小路vs七瀬

途中、七瀬と同行することになり、前の巻で七瀬が刺客であることは明かされていたので、何か企みがあるに違いないと思いながら読んでましたが、案の定、最後に仕掛けてきましたね。ただ七瀬はそんなに強くなかったですし、そんなに見どころなくあっさり綾小路を諦めたような感じがしました。ホワイトルーム生でもないですし、綾小路を倒せるような存在ではありませんでしたね。最後の挿絵で綾小路を狙う存在が描かれてましたので、その人がホワイトルーム生っぽいですね。

 

・櫛田ボコられる

綾小路と七瀬の戦いの裏では、櫛田と八神がその現場を映像に押さえようとしますが、櫛田が天沢にボコられてましたね。八神は櫛田を助ける気ない気がして、櫛田は八神に騙されたっぽい気がします。つまり、天沢と八神がグルになってる可能性がありますね。八神は自分の計画を椿にもゲロってるっぽいので、1年生の間で情報共有があったと思われます。八神は七瀬が仕掛けるタイミングを知っていましたが、どこから情報を得たのか疑問点ですね。七瀬の企みを知っているのはホワイトルーム生の可能性が高く、八神はホワイトルーム生から情報を得たような気がします。ここらへんの1年の利害関係が全然わからないですが、ホワイトルーム生が絡んでるでしょうね。

 

・突き落とし事件について

小宮を突き落とされるという事件も今回の大きな出来事でした。犯人の意図は全然分かりませんが、犯行の難易度からホワイトルーム生が絡んでる可能性が高いと思われます。履歴が改ざんされているっぽいので誰でも可能性ありますが、近くにいた1年の中で椿が怪しいと感じてしまいますね。また、一人になった篠原を救おうと綾小路が動いていたところはちょっと意外でした。他のクラスとも協力して助けていく流れになりそうです。

 

・一之瀬巻き込まれる

一之瀬さんは綾小路が狙われていることを偶然にも知ってしまいましたね。最近空気気味だった一之瀬さんですが、綾小路に好意を寄せていることは間違いないので、綾小路を助けるために動きそうです。一之瀬さんも結構好きなキャラなので話にどう絡んでくるか楽しみです。

 

・軽井沢さんとの進展

軽井沢さんとはキスに進むという進展がありましたね。七瀬と行動していることに腹を立てている軽井沢さんに対して、キスして黙らせる綾小路客観的に見るとだいぶ悪い奴ですね。綾小路は軽井沢さんを道具として見ていて恋愛感情がなさそうなので、とりあえず黙らせるためにキスした感じになってたと思います。今回の試験では軽井沢さんの活躍はあんまりなさそうな感じですが、二人の仲の進展も今後の見どころだと思います。

 

・ホワイトルーム生は誰か

ホワイトルーム生は天沢か椿だと思ってます。天沢は綾小路に執着してるようですし、やたらと身体能力、戦闘能力が高いようで、ホワイトルーム生の可能性高く思えます。ただ天沢だと単純すぎる気もしますね。

椿はあまり話に出てこないのですが、小宮を突き落とした現場の近くにいたこと、八神と情報交換していることから、これまでの出来事とつながりがあってなんだか怪しい気がします。

 

次巻で決着ということでめっちゃ楽しみですね。ここから綾小路が上位を狙うのは厳しい気がしますが、ホワイトルーム生徒の戦いや試験の結果など色々な見どころがあるので、非常に期待しているところですね。