酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

ペルソナ5 r 感想

半年前くらいにハマった作品ですが、ペルソナ5 rについて感想を残します。ペルソナは3と4をやっていて、その時もめっちゃハマりましたが、今作が一番好きかもしれないですね。前作と比較してストーリーのクオリティが非常に高いように感じました。音楽もバトルシステムも従来通り楽しく、RPGでありながら100時間以上遊べて、RPGとしては1番好きなシリーズかもしれません。

ストーリーが良い

本編のストーリーが抜群に面白いですね。ストーリーの主軸は勧善懲悪もので、悪い大人に虐げられている人達をどんどん助けていき仲間になっていくという割と王道なストーリーでした。主人公達が手にした力を使って悪を成敗していく訳ですが、偉そうにしてるむかつくキャラがちゃんと負ける話になってて、やっててすっきりしましたね。また話もどんどん先が気になる展開になるのでやってて飽きなかったです。主人公達が自分たちのしていることが本当に正義なのか、正しいのか、自問自答するところもあり、単純に悪を裁くだけの話になってないところが良かったですね。

ストーリーは最初に主人公が捕まったところから始まり、主人公の回想という体で話が進んでいく訳ですが、終盤に、時系列が尋問シーンに追いついたところの、ギミックはすごいと思いました。パレスの中で主人公を殺させることで、明智を騙すトリックは驚かされました。騙されたふりをして、相手を騙すみたいなシチュエーションはすごい好きですね。

また、各コープのストーリーも面白かったですね。各キャラのストーリーは、困っている人達を主人公が助ける流れになっているのですが、流れが分かっていてもストーリーが楽しめました。サブキャラ達も結構いいキャラしてて、つまんなく感じなかったです。個人的には一二三が好きでしたね。

サイドストーリー含めて膨大なボリュームがありつつ、全く飽きないのはすごいです。それだけ王道なストーリーは強いなあと感じるところですね。

バトルが何故か飽きない

バトルもコマンド式のRPGでそこまで凝った作りではないのですが、何故か全然やってて飽きなかったですね。弱点をつくことで全体攻撃が狙えて、とどめを刺した時の演出なんかはコマンドRPGながら爽快感がありました。show timeの演出もコミカルで面白かったですね。

レベルが足りないと地味に雑魚敵でもピンチになったり、初見の敵は弱点が分からなかったりなど、序盤は結構ちゃんとやらないといけない感じだったと思います。途中から、瞬殺でレベル上げできるようになってからはサクサクレベル上げできて楽でしたね。

ペルソナ合体でペルソナを強くしていくシステムもハマるところでした。ペルソナ同士の掛け合わせで、膨大な可能性がありますし、合体でどんどんペルソナを強くしていけるので、毎回いちいち合体を考えるのも結構楽しかったですね。

音楽がめっちゃ好き

ペルソナシリーズは音楽が毎回スタイリッシュで好きな人も多いと思いますが、今回の音楽もすごい好きでした。特に、パレス攻略の最後で、お宝を奪いにダンジョンに入った時の音楽がすごい好きでした。ギターのリフから始まってオシャレかつカッコいい曲で、サントラとかも欲しくなる感じがします。あとOPの曲も結構好きでしたね。だいぶ好きだったので、たまにOPを最後まで見たりしてました。


ペルソナ5 については無双系の続編が出ており、それについてはまだやってません。気にはなっているのですが、どうしようか悩んでいるところです。PS4でやりたい作品がたくさんあるので、しばらくは触らないかもですね。

ペルソナ5 は昔から絶賛されてるゲームで何故かやってきてなかったのですが、やって本当に面白かったです。ペルソナナンバリングがまた出たら是非買いたいですね。