酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

2020年夏アニメ感想

2020年夏アニメの感想を書いていきます。


・Angel Beats再放送

昔見たときはもっと面白く感じてた気がしました。ギャグが全般的に滑ってて、寒い雰囲気が出てしまってましたね。最終回で、タイトル回収するところは良かったですが、改めて見るとそんなに面白くなく感じてしまいました。ただ曲は懐かしくてテンション上がりましたね。


・SAO

長かったアリシゼーション編の完結が描かれましたね。OPがすごい好きでした。OPの演出からして、キリトが復活することは分かってましたが、キリトの嫁たちが頑張って希望を繋いだ流れからの復活シーンは案の定盛り上がりました。4クールに渡ってある程度の面白さを維持してたのはすごいと思います。まだアニメ化があるみたいでまだまだSAOは楽しめそうです。


・俺ガイル完

原作は完結しており内容は知っていたのですが、割と丁寧な作りだったと思います。ガハマさんの振られるシーンの切なさが、アニメだとエンディングとかも相まって胸が打たれる作りでした。原作へのリスペクトが感じられるいいアニメ化だったと思います。


・reゼロから始める異世界生活

どんどんスバルが追い込まれていって、これからどうなるのーってところで終わったのでそこが悲しかったですね。ただ、1話ごとに展開に変化があって、リゼロらしい引き込まれるストーリーでした。しかし話が複雑というか長々しくて1クールに全然収まらないところはアニメ向きでなかった点かもしれません。続きはやってほしいですし、早く見たいです。


・彼女お借りします

途中で切った作品でした。主人公が誠実じゃない点がストレスでしたね。ある程度クズっぽい思考をしているところはリアルな大学生らしいかもしれません。クズな大学生ってありふれてますもんね。ただそういうキャラはアニメではあんまり見たくないのが正直なところでした。


・Great Pretender

これも途中で切った作品でした。1話2話では引き込まれましたが、それ以降で1.2話を超える展開がなく尻すぼみになっていった気がしました。


・エグゼロス

これも途中で切った作品です。展開がどっかで見たような感じというか、少年漫画でよくあるややエロ系みたいな感じで、見ててだれてしまいましたね。


夏アニメの感想でした。思い返すとそんなに取り立てて良かったアニメはあんまりないかがします。リゼロとSAOが期待して見てた作品ですかね。