酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

俺ガイルアンソロ 3 結衣side 感想

f:id:sakepotech:20200608173459p:plain

俺ガイルアンソロの3冊目、結衣sideについても感想書いてきます。自分は結衣派なので4冊のアンソロの中で一番好きでした。

 

・こう見えて由比ヶ浜サブレは賢い 川岸殴魚

川崎さんとあーしさんに協力してもらい、ガハマさんがサブレに技を覚えさせようとする話でした。サブレのバカっぽくも愛嬌がある感じがガハマさんに似てて、ガハマさんの犬っぽいところが出てたと思います。また、サブレが実は周りを見ていて気を遣ってるのでは?というところもガハマさんに似ているかもって感じでした。


・由比ヶ浜結衣はやっぱり料理ができない 境田吉孝

八幡と料理の特訓をするも、上手くいかず、結局ゆきのんに助けてもらう話でした。確か最初にガハマさんが奉仕部と関わる時が、クッキー作りを教えてもらうという内容だった気がしますが、それを思い出して懐かしく感じました。渡先生の書いた話ではガハマさんはピーチパイを焼けるようになってるので、成長を感じますね。ヒッキーと関わろうとするガハマさんの懸命さが感じられる話でもありました。


・どうしても、由比ヶ浜結衣は麺が食べたい 白鳥士郎

ラーメンが食べたくなったガハマさんが八幡にラーメン食べに連れて行ってもらう回。一人でラーメン屋を探すも、変な奴に絡まれてしまい結局八幡に助けられるというくだりは、こういうことされるから、なんだかんだ優しい八幡にガハマさんも惚れる訳だよなあって感じます。

また、ガハマさんが気に入ったつけ麺だけど、八幡はそんなにうまいと感じてなくて、2人の感性の違いが本編の結末を暗示してるようだし、ガハマさんは八幡があまり美味しいと思ってないことを汲み取ってるところも、本編同様八幡の気持ちを汲み取れてしまうガハマさんらしい気がして、なんだか切なくなる話でした。もしつけ麺を好きなままの八幡であったなら結衣ルートだったかななんて思ってもしまいました。


・隠密スキル(Lv.MAX)比企ヶ谷八幡の災難 田中ロミオ

髪が伸びすぎた八幡が、ガハマさんに髪を切ってもらうも悲しい出来になって、結局お店で直してもらう回。髪が伸びることで隠密スキルがMAXになるっていう設定が面白くて、小町ですら見失いそうになるところが面白かったです。そんな八幡もガハマさんは見つけることができてて、いつも八幡のこと見てるからなんだろうなと思うといじらしくなりますね。結局、八幡が気に入ったお店を見つけることができて、ガハマさんのおかげで新しい店を開拓できたという話で、八幡と結衣は感性が違うところはあるけど、それによって八幡が新しい価値観を得ることもあるだろうし、八幡にとって結衣は、自分に無い物を持ってて、できないことができるような存在な気がしました。


・猫と団地とランドセル 八目迷

ガハマさんの過去話。ガハマさんが猫を苦手だったという設定を知らなかったのですが、猫を苦手になった経緯についてが描かれてます。可愛がってた猫が居なくなったのは、友達が告げ口したからという可能性が高くて、そういう経験から周りを伺う能力がガハマさんについたのかなとも感じました。


・今日も由比ヶ浜結衣はその一言に思いを込める 水沢夢

奉仕部でyoutubeチャンネルを開設する話。詳しく思い出せませんが、youtube チャンネルについて、やっはろーから着想を得る話だったと思います。アニメのラジオの挨拶もやっはろーでしたが、やっはろーは確かにキャッチーですよね。ガハマさんにしっくりくる感じがします。いつも奉仕部はガハマさんのやっはろーから動きだしていて、奉仕部におけるガハマさんの存在の大きさがわかるような気がする話でした。


・いつか、その甘さを好きになることができる気がする。 渡航

ゆきのん編の渡航先生の話と同様に、父親目線でガハマさんの八幡への想いが伝わってきて良かったです。八幡の好きな味にしようと奮闘するガハマさんが健気でなんとも言えない気持ちになります。振られても諦めず前を向いてるところとそれをガハママも分かっててる感じがすごい心にきました。そしてそれを見守る父親の切なさも感じましたね。

ゆきのん編と繋がってるようで、ゆきのんの父親と八幡の父親もでてきて面白かったです。八幡の捻くれっぷりは父親譲りですね。ここまでくると、八幡の母親も公式で見てみたい気がします。

 

俺ガイルアンソロの結衣sideの感想でした。由比ヶ浜結衣の魅力が詰まった一冊だったと思いますね。