酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

ジャッジアイズ 感想

JUDGE EYES (ジャッジ アイズ) :死神の遺言 - PS4

 

PS4ゲームのジャッジアイズの感想についてです。キムタクが主人公で話題になった作品ですね。龍が如くの制作陣が作っています。ピエール瀧さんをモデルにしたキャラがいて、一時期は販売停止になってた気がしますが、修正版が出ていました。
デモムービー見て面白そうだと思ったのと、評判もよさげだったのでやってみました。続きが気になるようなシナリオになってて、どんどんプレイしたのと、アクション部分も結構爽快感があって楽しかったですね。誰でも楽しめる良作だと思います。
以下ネタバレありです。

 

シナリオ

ある事件を機に弁護士を辞めて、探偵となった主人公(キムタク)が神室町という繁華街で、連続殺人事件の謎に挑んでいく流れとなっていて、今の事件が過去の事件と繋がっていくところがめちゃ面白かったです。

アルツハイマーの新薬を完成させるため、人体実験が行われており、そのもみ消しのために、ヤクザの抗争に見せかけて人が殺されていたという内容で、過去の殺人も人体実験のもみ消しのために行われていました。新薬の完成の成否が医療センターの去就に関わるということで、厚労省という権力が関わってきていて、またヤクザ同士の対立関係も絡んだストーリーとなり、複雑だけど、終わってみれば理解しやすいストーリーでした。それぞれの立場がだんだん明らかになっていき、真相が分かってくる感じがすごい好きでしたね。

被害者の目がくり抜かれていたのは、人体実験の影響で目が青くなり死に至ることを隠すためということで、目が真実を示していたから、ジャッジアイズというタイトルだったのかなとも思いました。また、主人公が過去と向き合うことで信念を取り戻し、真実を明らかにするストーリーだったので、ジャッジアイズというタイトルには、信念というか自分で判断する目を持つことみたいな意味合いもあったのかなとも思います。

シナリオの突っ込みどころとしては、連続殺人事件について、人体実験が死因な訳だから、目以外にも絶対なんらかの痕跡が残るとしか思えなくて、それは解剖なりで分かりそうなもんだけどというところが引っかかりましたね。少なくとも注射痕は残るはずだし、人を死に至らしめる薬なら、少なくともなんらかの薬物が投与された痕跡が残る気がするんだけどと感じました。でも犯人は薬の研究者なわけで、そういう痕跡が分からなくなるような処理をしてたってことなんですかね。まあ結局警察も腐っていた訳だったので、ちゃんと捜査はされてなかったって考えればしっくりくる気がしてきました。

 

豪華な役者陣

実際の役者さんをモデルにしてるキャラも多くいて、まるでドラマみたいな感覚でした。ドラマを1時間見るのはあまり好きじゃないのですが、ゲームになると自分で動くことができるので飽きないですね。よくあるアニメ映画で役者さんが声優をやることについては、ちょっと抵抗がある私ですが、キャラも役者さんになると、違和感が全くないというか、実際にその人が演じてる感じになるので、演技に迫力を感じました。有名かつ実力のある俳優さんが揃っているので、なおさら迫力感がありましたね。

各キャラについて書くと、キムタクはHEROで破天荒検事役だったので、そのイメージそのままなキャラって感じでしたね。キムタクのキャラ造形だと、アクションしてるのも様になるし、弁論してるのも様になるし、アクションと弁論が肝なこの作品において、すごい合ってる人選だったと思います。男から見てもかっこいい主人公ですし、盛り上がるシーンはキムタクの声でより盛り上がる感じがしました。プロモーションも含めて、キムタクありきで作り上げた作品だったのではと思いますね。

他のキャラについては、中尾彬さんはおやっさん感あってハマってたし、滝藤さんはやさぐれ感が出てて胡散臭い感じがいい感じでした。

そして、モグラの正体だった谷原章介さんはまじ悪役な雰囲気感じましたね。谷原章介さんはいい人役が圧倒的に多い気がしますが、悪役も様になってるというか、谷原さんの印象が変わるくらい、モグラの悪役感が伝わってきましたね。


アクション

龍が如くの制作が作っているということで基本はアクションゲームとなっています。雑魚敵だとボタン連打で倒せますが、ボスはやや骨がある強さになっていて、やりがいのある感じでした。EXアクションが多彩にあって、特に壁蹴ったあとのEXアクションをうまく出せた時は結構爽快感ありました。

街中で絡まれた時は、コンビニ店員からおでんをもらって攻撃するといった、ふざけたEXアクションもあり、なかなか多彩なアクションで面白かったです。

アクションと関係ないですが、不満点を挙げるとすると、近江連合の四天王の発生頻度が高い気がしたとこですかね。いくつかサイドストーリーやってるとすぐ四天王が発生するような感覚だったので、放置してもいいんですけど、倒しにいったりしてると、サイドストーリーの消化にも時間かかり、そこがめんどいところでした。

 

だいぶ面白い作品でした。PVで面白そうって感じたまんま面白かったですね。有名な役者さんも多いですし、誰にでも勧められる良作だったと思います。闇社会の秘密を暴くような感じのストーリーの作品を他にもやってみたい気がしますね。