酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock!」 2日目 LV感想

f:id:sakepotech:20200313150226p:image

シンデレラ7thライブの大阪公演2日目のlv感想です。1日目と被ってる曲が多いので、1日目になかった曲について書きます。


・Voyage(Acoustic Version)

アコースティックステージが2日目もあるとわかってたので、Voyageくるかなとは思ってましたね。アコースティック版で女神感増してた気がします。アコースティック版は今回限りかもですが、どこかでまた聞きたいですね。


・エヴリデイドリーム~マイ・スイート・ハネムーン(Acoustic Version)

やばかったですね。全く予想してなかったです。まゆPは死んだのではないでしょうか。

特にエヴリデイドリームは、まゆのヤンデレ感というか、少し狂気の混ざった愛情みたいなのが、牧野さんの歌というか半分演技みたいなパフォーマンスで表現されてて、鳥肌でしたね。やっぱり牧野さんはキャリアも長いし表現力がものすごいですね。アコースティックステージはまさに、滝澤氏アレンジの独壇場で、エモエモでした。


・夏恋 -NATSU KOI-

たぶん生バンドではありませんでしたが、普通に曲として好きです。去年のライブではなかったので、やっとお披露目って感じですね。曲的にはナコドのダンスライブの方が合ってた気がしないでもないですが、好きな曲なので2日目だけでも聞けて良かったです。


・Great Journey

まさかのニュージェネ曲でした。どんな曲か具体的には思い出せないですが、割と不思議なメロディというかコードなような印象が残ってます。でもやっぱりニュージェネがくると安心感というか、ニュージェネのバランスいいわあって思いましたね。3人の安定感というか、お互いの信頼感みたいなのが感じられてエモいです。プリコネコラボ曲ということで、デレステに実装されるのはまだ先なんですかね。とりあえずもっかい聞きたいです。


・Twilight Sky

ロックがテーマということで、絶対りーなの曲、その中でもTwilight Skyはくると思ってましたが、アスタリスクで披露されるとは予想してなかったです。

始まった瞬間、サイリウムのオレンジと青のグラデーション綺麗で高まりましたね。なつ姉が、トワスカはイントロ時点で泣ける曲だし、絶対泣くと思ったけど仕事だと思って頑張ったってコメントしてて、プロ根性やって感じでしたね。実際、あのイントロ聴きながら、舞台上からあのサイリウムの光景見たらめっちゃグッとくるんだろうなあって思います。トワスカは個人的にめっちゃ好きな曲で、ライブで聴いてやっぱりいい曲だなって感じましたね。


・毒茸伝説

まさかの二日連続ソロ曲披露。松田颯水さんは紅も含めてソロが3つあったけど、松田颯水さんの歌唱力とロックというテーマを考えれば納得でしたね。1日目のパンデミックアローンは起伏があって楽しいですが、毒茸はthe rockというか、XJapanインスパイアみたいな雰囲気あってかっこよかったです。


・紅

イントロでマジかってなりました。めちゃくちゃ盛り上がりましたね。1日目がHOT LIMITだったので、今思えば充分あり得たなと思います。しかし、最後に紅があると、ライブの印象がだいぶ紅に染められる感じがしました。今回のMVPは松田颯水だなあって感じのライブでしたね。

 

今回はシンデレラバンドの皆さんのおかげでめちゃくちゃ楽しくなったと思いますね。シンデレラバンドの方々は、実は作曲されてる方も多く、作曲した人が演奏するというかなり豪華なライブでした。現地で聞きたかったですね。