酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

2019年夏アニメ感想

夏アニメが終わったのでその感想を残したいと思います。好きそうなものに絞っていたので、割と面白い作品が多かった印象です。中でも彼方のアストラと荒ぶる乙女が抜けていた感じですね。再放送のsirobakoもすごい好きでした。

 

荒ぶる季節の乙女どもよ。

すごい良かったです。岡田麿里の真骨頂って感じですね。青春の痛みを描くうまさが岡田麿里の特徴ですが、今作は女の子側からの目線で描かれていました。途中から人間関係がこじれていくのですが、それぞれのキャラクターみんなが悩みを持っていて、傷ついていく様が非常に心に刺さりました。原作も終わってて、アニメワンクールでちゃんと終わったことも評価高いです。別の記事でも感想書くつもりです。

 

彼方のアストラ

尻上がりに良くなっていった印象です。途中ルカが女だってことがわかるあたりから、毎回衝撃の事実が判明していって、どんどん引き込まれていきました。特に、帰ろうとしている星が地球じゃないとわかるところは鳥肌立ちましたね。叙述トリック大好きなので、このような展開はとても好きでした。ただ冒険するだけのアニメだと思っていたので、舞台設定自体を疑うような展開になるとは思っておらず、意外性があって面白かったです。ぶっちゃけ、切る可能性もあるかなと思っていたましたが、予想に反してとても良かったですし、こういう作品にたまに出会えるからアニメ見るのやめられないよなーって思います。荒ぶる乙女同様、ちゃんと終わったことも好印象でした。微妙だったとかをあげるとするなら、ギャグは寒めだったとこですかね。ネットでは、SFとして、設定がガバガバだという批判があるみたいですが、自分はSFのお約束は詳しくないので、全く気になりませんでしたね。

 

ロードエルメロイ

途中めっちゃダレたし、専門用語多すぎだし、どんどん話がよくわかんなくなっていきました。原作読んでない人で理解できた人は少ないんじゃないでしょうかね。なんだか難しい単語を使って、かっこいい雰囲気を醸し出してるだけのアニメって感じですし、新規に理解させる気のないファンムービーって印象でした。

ただ、fate zero好きな人間としては、1話と最終話がすごく良かったので見てて報われた感があります。ノスタルジーがとても刺激されました。ウェイバーのライダーへの心情がすごい描かれているので、zeroでライダー陣営好きだった人は必須で見るべきな内容だと感じました。zeroアフター的なところもあると思います。

fate zeroはアニメで1番と言っていいほど好きな作品ですし、その中でもライダーのラストシーンが死ぬほど好きだったので、最終話は刺さりましたね。

『彼方にこそ栄えあり。届かぬからこそ挑むのだ。覇道を謳い、覇道を示す。この背中を見守る臣下のために。』

特にこれが大好きで、やっぱライダーかっこいいよなあ、大塚明夫いいわあってなったアニメでした。

 

ビジネスフィッシュ

面白くてダークホース的な存在でした。こういうギャグ系はかなり好みです。独特な雰囲気が面白かったですね。

ただ、半分のクールで終わって、半分は再放送したのが、私の中でだいぶ評価を落としています。再放送にはプラスってついてたからなんか違うのかなーって思ったけど、見てみたらEDしか変わってないやん(たぶん)となって、割と落胆しましたね。

 

炎炎ノ消防隊

期待してましたが、結構微妙な感じですね。少年マンガらしい熱さはあるのですが、それがややから回ってる感がありますね。
ただ、人体発火が人為的に引き起こされている部分が明らかになりつつあって、面白くはなってきていると感じます。2クールっぽい感じなので、もう少し見てみようかと思います。

 

からかい上手の高木さん

途中まで微妙でワンパターンな感じがしていたのですが、最後の数話がすごい良かったです。西片が高木さんをお祭りに誘うシーンは、高木さんの喜びようが分かりやすくて、いつもからかってる側の高木さんの乙女な一面が出ててよかったです。明らかに両思いな2人ですが、ここまで焦れったい感じのラブコメを見るのはなんだか久しぶりな気がしました。たまにはこういうのを見るのもいいかなーって感じましたねー。

 

SHIROBAKO(再放送)

やっぱり名作ですね。めちゃくちゃ好きだなあって思います。好きなシーンはたくさんあるんですけど、今風の絵を描かないと思われていた杉江さんが、もう一度頼られて、全員一丸で最後の壁を乗り越えていくところとかすごい好きでしたね。何度も見てますが、何度見ても面白いです。映画もすごい楽しみにしてます。

 

夏アニメの感想でした。見てたアニメは割と面白く感じたので、そこそこ満足度のあったクールでしたね。