酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

バビロニア0話 感想

 ãããã­ã㢠0 話ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ダウンロード量が多くて見れてなかったのですが、fgo7章絶対魔獣戦線バビロニアの0話を見たので感想書きます。バビロニア0話というかマシュzero的な話でした。バビロニアに期待高まる出来ですごい楽しみです。

 

バビロニア0話はfgoが始まる前の部分を、ロマン視点とマシュ視点で描いた作品で、fgo0話みたいな感じでした。初期設定はほぼ忘れてたので色々再確認出来てありがたかったですね。

fgo1部は、デザイナベビーであり、無垢そのものであったマシュが、ぐだおとの旅を経て色彩を得ていく物語っていうのが再認識出来ましたね。(デザイナベビーって人造人間的なもんであってるんですかね)

2部をやってると色んな理不尽な世界に怒ったりする感情豊かな面が多く見られますが、生まれたての時代をアニメーションとして見ると、この子がこんなに大きくなって、、って感じのマシュの成長を改めて感じさせられます。

最後に色彩が流れて終わるのですが、やっぱり色彩は名曲だなあって思いました。色彩を得る前のマシュが描かれることで、色彩という曲の重みが増して鳥肌立ちましたね。色彩が一番威力を発揮するのは終章なので、どうせならそこまでアニメ化してほしい感じはあります。オケ版の色彩は本当に好きです。

今回のような、ソシャゲでアニメ配信する試みは珍しいですが、面白いと思います。データ容量が多すぎてダウンロードに30分くらいは時間がかかったので、その間携帯触らないのがストレスでしたが。。ただクオリティは高かったので待った甲斐あったと思います。バビロニア0話で本編も見たくなる人増えそうなので、本編の宣伝としては効果を発揮するんじゃないかなって思いますね。

色んなソシャゲありますが、fgoの勢いは止まらないなーって気がします。売り上げ推移とかは知りませんが、自分が昔からやってるソシャゲの中で、今もまだアクティブなやつはfgoだけですね。社会人になってあんまり時間が取れないからかも知れませんが、やはりシナリオの作り込みはソシャゲレベルを超えてますし、コンスタントにそういうレベルのシナリオを出してくれるので、めんどい時もありますが、飽きずにやれる気がします。

最後は話逸れましたが、バビロニアは結構絶望感のある話だった気がしてて、どこまでガッツリ作ってくれるか期待してます。