酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

映画 キングダム 感想

f:id:sakepotech:20190605234543p:plain

 

なんだか好評っぽい映画 キングダムを見てきました。面白いっちゃ面白いんですけど、そこまで傑作というわけでも無いような気がしました。ただ、実写化作品としては頑張ってる方な気がしますね。以下、ネタバレを含みます。

 

○良かった所

思い返すと総じて微妙な気持ちがあるのですが、とりあえず良かった所から書きたいと思います。

原作は未読だったのですが、とにかく熱いシナリオですね。王道少年漫画って感じで、ジャンプで連載しててもおかしくない感じがします。友情あり、努力あり、勝利ありで、熱さほとばしる感じに仕上がっていると思います。特に音楽が印象的で、とにかく壮大な雰囲気が出てたというか、映画館でみると、盛り上がりどころが分かりやすい感じがしましたね。アクションの迫力も結構ありましたし、盛り上がりどころは漫画だったら見開きの見せ場なんだろうなーって思いながら見てました。

あと、あれですね。大沢たかおがやばい。風貌もかなり独特ですが、喋り方のねっとり感がなんとも言えない存在感を出してて、見てて面白かったです。原作でも重要なキャラっぽさそうです。

概ね世界観に違和感とかはなかったですし、原作未読ですが、結構違和感のない仕上がりになってると思います。面白いかつまらないかで考えると普通に面白くはありました。

 

○微妙だった所

次に微妙だった所を。

結局のところ、シナリオが熱いのはいいんですけど、その熱さにちょっと着いてけない感も個人的にはありました。冷静になって思い返すと、山崎賢人がなんか叫んでる印象がめっちゃ残ってます。主人公がかなり直情的なので、とりあえず叫んでノリと熱さで押し切る雰囲気は感じます。主人公の直情的な部分や悪く言うと幼稚な部分については、アニメや原作漫画だったら、そこまで違和感なく入り込めると思うのですが、実写化されるとなんか冷めちゃう部分があるんですよね。なんか寒いノリになってたり、なんか引いてしまう感じになってしまうのは実写化あるあるだと思いますね。

 

盛り上がりますし、アクションも派手だったりで、見ててつまらなくなることはないですが、結局それだけというか、そこまで深さは感じなかったなあというがざっくりした感想ですね。まあ、深さを求める映画ではないと思いますし、実写化映画としては充分合格点だと思います。ただ、個人的には一年くらいテレビで放送されるのを待って、金曜ロードショウで見ればいいような気がする作品でもありました。原作漫画も気になるところですが、貸してくれる人がいたりしないと読まなそうですね。

結構アニメの映画作品があるみたいなので、そちらも色々みたいですね。とりあえず気になるのは青ブタでしょうかね。