酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

デレステ 新キャラ声と曲付きデビューについて

f:id:sakepotech:20190301201236p:image

デレステにて、新キャラが声と曲を引っさげデビューしましたね。多くのPに衝撃を与え、賛否ある出来事だと思います。今回のことについて、正直モヤモヤしていたので、そのモヤモヤについて書いてみたいと思います。

まず始めに自分の立ち位置をハッキリさせておくと、今回のやり方について、どちらかというと反対寄りだけど、賛成派の意見も分かる、複雑な気持ちであるってところです。ハッキリしてなくてすみません。。

 

○最初に感じたこと

やっぱり一番最初に思ったのは不公平だよねってところですね。私は声無しキャラを担当している訳ではありませんが、ちょっとなんだかなあって気持ちになってしまいました。ここまで声が付いてないキャラが沢山いて、声はついてても持ち歌を持ってないキャラもいるわけです。現状確実に声がつく手段は選挙で結果を出すことのみであって、声は勝ち取るものでした。そんな中で、声と曲両方揃えてデビューしたらそりゃ不公平感がありますよね。特に、同じ時期にデビューとなったあかりんご達は声付いてないのに、こっちはついてるとなるとタイミングが同じなだけ露骨に不平等な気がします。

3次元アイドルでもそうだと思うのですが、運営側が特定のアイドルを贔屓するのは批判の対象になると思います。これまでもデレマス運営は、選挙時のガチャブーストだったり、アニメで急に声が付いていたりなど、公平とは言えないことをしてきましたけど、今回の件はこれまでで一番不公平なんじゃないかなって感じます。

まあでも現実問題200人以上いるキャラを全て公平に扱うのは不可能なので、全員公平に扱えとは全く思っていません。が、それにしてもバランスを欠いたやり方なんじゃないかというのが最初の印象でした。

 

○キャラにとっては最善なやり方だった?

というのが新キャラ自体が分かる前に感じたことですが、キャラが公開された今、新キャラ可愛いし細かいことはいいじゃんって意見も分かります。なるほどって思った前向きな意見がこちら。

 

https://twitter.com/daisakukimutaku/status/1101003758551494656?s=21

 

つまり、新キャラは2人でセットみたいなキャラクター性を持っているので、モバで1人1人出すより、2人のコミュを付けてデビューさせるのがキャラのことを考えると1番だったという話かと思います。2人のコミュをつける以上イベントとして出すのがスムーズで、そしたら曲が必要で声も付随したという考え方ですね。キャラクター性を重視してるデレマスらしい考えだと思うのですが、コミュつけるだけなら、声と曲をつけないデビューもできたよねとも思ってしまいます。というかデビュー時点でコミュという物語をつけてもらえる事がだいぶ贔屓されている気もしますが、そこは一旦置いときましょう。

上記のツイッターでも言及されていますが、既に強い関係性を持った2人のキャラクターを最初からユニットとして出すというのは、今までになかったことですし、新しいことをしようとする姿勢は評価できるなあって思います。

 

○デレステの立ち位置

個人的に色々考えたんですけど、ある程度炎上すると分かっていながら、なんでこういうやり方をしたのか、運営の立場から考えた結果、ライト層を増やしたいという戦略の1つだと考えれば納得できるかなって思いました。因みに以下で書いてることは全く根拠は無い話です。また、一回かなり話が逸れます。

運営側って、やっぱりお仕事なので業績というものを気にすると思います。運営も結局会社員だと思うので、上の人がああしろこうしろって言うことに従うしかないと思うんですよね。で、上の人が一番気にするのは業績です。そして、業績というのは大体ライバルと比較して語られます。デレステにとってのライバルは、同じような音ゲーである、バンドリ、スクフェス、ミリオンあたりでしょうか。そして特に今、バンドリの勢いが強くなっていて、どちらかというとデレステは勢いが弱まっている感じですよね。テレビでバンドリのCMめっちゃ見ますし。

実際、ゲームアプリの業績がどのように測ることができるか、その指標は沢山あると思いますが、大きいのはセールスとアクティブユーザー数かなと思います。そこで、デレステのライバルであるバンドリと業績を比較する上で、セールスとアクティブユーザー数を調べてみました。

セールスについては以下のようになっているみたいです。

アプリゲームトップセールス2019/3/1時点

デレステ7位

バンドリ19位

ミリオン 26位

出典https://iphone.308413110.com/i/ranking/TopSalesApp/Game/

額はよく分かりませんが、セールスについてはデレステがバンドリを上回っているようです。バンドリは若い世代の支持が強く、アイマスは社会人世代のファンが多めと考えると、課金できる額的には確かにデレステの方がセールスは強そうですね。

ではアクティブユーザー数はどうでしょうか。こちらについてはまとまったサイトはなかったのでイベント参加人数を調べてみました。

デレステの最近のアクティブユーザー数は30万人程度みたいです。

出典https://0uka.wpblog.jp/slstage-2018-active/

一方ガルパンは2018/6ですが、100万人を超えており、今も大体100万人くらいらしいです。

出典https://0uka.wpblog.jp/slstage-2018-active/

調べてみると、アクティブユーザー数ではガルパンの方が大きく上回っているようですね。遊んでる人数としてはガルパンがデレステの3倍くらいみたいです。ガルパンの方がリリースが後で、jpopのカバー曲を多く揃えているため、単純に音ゲーが好きな層はガルパンに行きそうな気がしますね。

このように、目下最大のライバルであるバンドリと比較した際、セールスでは上回りますが、アクティブユーザー数は下回っているようです。この現状をみて、運営はアクティブを増やそうとする戦略をとっているのではと思います。ゆずの曲を入れたり、アレンジ曲を追加したりなど、単純に音ゲーが好きなライト層を取り込もうとする戦略ではないでしょうか。

そして今回の新キャラデビューについても、その戦略に則ったものな気がします。個人的にはシンフェスに合わせてデビューをさせたのも戦略だと思っています。ログインしかしてなかったような層が、シンフェスを機にガチャやるかーというタイミングで新キャラを追加することで、またイベントやってみようかってなることを期待したのではないでしょうか。いや、分かりませんけど。とりあえず、ライト層にとっては声が付いてデビューをすることについて疑問に思うこともないですし、純粋に楽しみーってなると思うんですよね。というわけでライト層向けの戦略って考えたらまあ納得はできるかなーって今は思ってます。

プレイ人数は減ってるみたいですがとりあえずセールスはありそうですし、そんな焦って変なことしなくてもいいのではと思ったりもしますが、コンテンツとして、テコ入れしていくのは必要だとも思うので、やっぱなにか新しいことをしていく姿勢は悪くないかなって考えてます。

というか、いつまでもくよくよしててもしょうがないですし、残り2人の追加アイドルも同じようなデビューをするような気がしているので、飲み込んで行かないとやっていけないですよね。

 

なんかまとまりのない話になってしまいましたね。感情としては複雑としか言いようのない感じですが、これまで通りやっていこうかなと思います。