酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

アジアカップ 決勝 カタール戦感想

いやー負けましたね。完敗ですわ。正直イラン戦の内容が良かったので、勝つでしょって思って見てた分、ショックでかかったです。悔しくてすぐには寝付けませんでしたね。気持ち悪くなるくらい悔しかったです。1日経って気持ちが落ち着きましたが、思い出すとやっぱり悔しいものです。悔しさとともに感じたことを記事にしてみます。

 

○中盤を蹂躙された前半

結局、前半で負ってしまった2点が重すぎたゲームでしたね。後半流れは来ましたが、がっちり守られたら今の代表には一点が限度って感じでしたね。

イラン戦やサウジアラビア戦など、ボールを持たれ、かなり攻め込まれることが多かった今回の日本代表ですが、それでもこの試合までは本当に危ないシーンは作らせない硬い守備が印象的でした。この試合でも中盤を握られましたが、これまでと違い危ないところに何度もボールを入れられてしまいましたね。危ないところに入った時に寄せきることが出来ず相手の思い通りにされてたと思います。ここら辺は遠藤がいたらもう少し違った結果だったかもしれませんね。

結局、ワールドカップでもなかなか見れないような超絶スーパーゴールで先制されますが、組織的な守備が機能していなかったことが敗因だったと思います。2点目もスーパーなミドルだと思いますが、日本より格上のチームはミドルレンジでいいようにさせるといいミドル打ってくることは多いと思うので、しっかり寄せて思うようにさせないことが大事ですよね。

正直前半流れが悪かったのは、少し油断もあったかと思います。パスミスが結構あったり、守備がルーズっぽかったのも、いい流れでイラン戦に勝っていけるっしょみたいな感じが、悪い方に転がったような気がします。

 

○試合を支配しつつも決定力に欠ける後半

後半にはカタールも疲れたのか日本がボールを握ることができました。しかし、やはりがっつり5バックで守られるとなかなか打開策がないところは昔と変わらないですね。自分たちの時間でもっと点が取れればわからない試合でしたが、最終的にはPKでトドメを刺されてしまいました。

やはり、攻撃は大迫だのみというか、いい形で大迫に縦パスが入れば、チャンスになりますが、それ以外の戦術バリエーションがないように感じます。もっとサイドを効果的に使えたらなあとか素人目で思ったりするのですが。。確かに長友や酒井がサイドを駆け上がりセンタリングみたいなのはよく見ましたが、中で得点の匂いがあんまりしませんでしたね。センタリング精度とか連携不足とかが原因でしょうか。あと、コーナーで入る気がしないのも気になるところです。あれだけコーナーがたくさんあったのにもかかわらず、点が入りそうな展開がほぼなかった気がします。サウジアラビア戦ではコーナーから点を取ってた気がしますが、その時はマークが緩かったと思うので、がっちり集中して守られるとなかなかコーナーから点を取ることも難しそうでした。ショートコーナーだったり、セットプレーでの工夫がもっと欲しいと感じましたね。

 

○今後につながる負け

悔しい敗戦ですが、学んだことは多いのではと思います。主力が怪我で抜けつつも、決勝まで行けたことはいい経験になったと思いますし、このような大会でどう戦っていくのかを若い世代が経験できたことは良かったと思います。この悔しさを忘れずに更に個々の力を伸ばして欲しいですね。

今大会これまでなんとなく勝ってきたところがあったと思うので、もし勝ってたら自分たちがアジアで1番強いと錯覚してたかもしれないです。負けることで自分たちの実力が身に染みて感じられることは、未来につながっていくと信じています。

最後に、海外へ移籍する選手が多いですが、是非試合に出れるチームに行って欲しいですね。海外移籍は挑戦すべきだと思いますが、チームで全く出場できないと全く成長できないと思います。w杯でキレてた柴崎や乾は試合に出れないことでコンディションをかなり落としたと思いますし、これまでに海外に行ったきり、姿を見なくなった選手は無数にいますので、有望な選手が同じ轍を踏んで落ちていくのはもう見たくないなあというのが正直なところです。

 

最後は話が逸れた気がしますが、次の代表の試合はコパアメリカのようです。格上ばっかりだと思うので、いい経験をして強くなっていって欲しいです。