酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

アジアカップ 準決勝イラン戦 感想

ものすごく久しぶりにサッカーの感想を書きます。事実上の決勝とも言われたイラン戦、蓋を開けてみれば3-0の勝利でしたね。前半は苦しい試合で3-0ほどの差がある内容ではなかったですが、しっかりと守り、少ないチャンスをものにした強さを感じました。

 

○守備の硬さ

これまでの日本代表と比べて守備が硬くなってる気がします。前半かなりボールを握られてずっと攻められる展開でしたが、放り込んでくるボールに対してしっかり競り勝つことで、安定して守れていたと思います。あれだけ攻められながらも、本当に危ないシーンはそこまでなかったと思うので、守備は安定したなあって思います。これまでの日本だとシンプルに放り込まれるのはわりと苦手だったと思いますが、そこが克服できたのは進歩しているところですね。

なんといっても富安の存在は大きいですね。相手のエースに自由を与えませんでした。センターバックは経験値と競り合いに勝つ力がすごい重要だと思うので、日本の中では世界に通用するような強いプレイヤーは吉田くらいだったと思います。w杯では昌子が頑張ってくれましたが。。吉田に次ぐ存在が出てきたことは今後の日本代表にとってすごいプラスですね。

 

○攻撃面

途中まではセカンドボールが取れず攻め続けられるキツイ時間が続きましたが、キツイ時間をゼロで抑えられるとチャンスがやってくるものです。攻撃面では、ワンチャンスをしっかりとものにできたことも大きいですね。1点目は相手のミスというか、セルフジャッジをして守備が乱れたところをうまくつけましたね。こういう拮抗した試合では集中を切らした方が負けてしまうという典型だと思います。そして、点を取ることで日本にも徐々に流れが来たと思います。

攻撃面ではやはり大迫が替えのきかない存在だと感じましたね。ボールが収まることで攻撃を展開していけるという大迫の強みは戦術的にも非常に重要です。大迫が帰ってきたことは大きかったですね。もう1人の日本の攻撃のキーマンは柴崎だと思っているのですが、いまだ本調子じゃなさそうな感じがします。前半はあまりいい形でボールに触れてなかったように見えます。後半の最後の方はボールを前線にいい形で出せていたのでこの流れで決勝も戦いたいですね。大迫に収まるかどうか、柴崎から前にいいボールが入るかどうかが日本の攻撃のキーとなると思いますが、後半はここがある程度機能したのかなと感じました。

 

チーム状態は良くなっていて、次の相手はイランよりは力が落ちるはずですが、何が起きるのかわからないのがサッカー。慢心せずしっかり勝って優勝してきてほしいです。