酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

【アニメ感想】ハイスコアガールという切なさバリバリなアニメ

9月に入り夏アニメも終盤ですね。なんか最近は二次元関係についてあんまり書いていないので、今期アニメのうち、一つくらいブログに書くかと思いまして、今期アニメを思い返してみました。そこまですごい刺さるものはないといった印象ですが、安定して好きなのはハイスコアガールなので、ちょっと書いてみます。

 

オープニングとエンディング

とりあえずOPとEDの話から。OP、ED共に好きですね。

OPはよく知らないアイドルが歌ってる曲なんですけど、ピコピコした曲調はゲーム感があってアニメのテーマに沿ってますよね。また、歌声が若干幼めなところは、小学生、中学生という子供に近い時代を描く本編にマッチしてると感じました。(もう高校生になりそうですけど)

また、EDはゆったりとしてて、これぞやくしまるえつこといった感じ。案外切ない感じでEDに入ることが多いので、話の感じとEDの曲調がマッチしてますよね。絵としては、はるおと大野さんが歩いてるだけですが、二人の関係性が描かれてる感じがしますし、最後に大野さんがはるおのTシャツを引っ張る所とかいいですよね。やっぱり日高さんじゃなくて大野さんがメインヒロインなんやなあと思わせてくるEDです。

 

話の内容について

最初は昔のゲームを回顧するだけの内容だと思ってたのですが、大野さんがいなくなる小学生編の最後で雰囲気が変わりましたね。大野さんが全く喋らないキャラなだけに、はるおに抱きついて泣き叫ぶシーンは胸に刺さるものがありました。

中学生編では、日高さんが出てくるのですが、個人的にはこういう片思い系のキャラは好きで応援したくなります。ニセコイの小野寺さんとかあの花のあなるとか。話の描かれ方から、結ばれないんやろなって感じるキャラは結構魅力的に見えたりします。中学生編の最後ではるおが大野さんへの想いを自覚するので、もう日高さんとは結ばれないと思うと切ないですね。

 

キャラの純粋さがいいよねって話

大抵のアニメって高校生が多かったりするんですが、このアニメは小学生時代から描かれてます。だからかはわかりませんが、キャラがみんな純粋だと思うんですよね。はるおは純粋にゲームが好きですし、大野さんも無口だけど、はるおに対しては純粋な気持ちを持ってると思います。日高さんもはるおのことを純粋に大好きですよね。月がきれいとかもそうだったんですけど、なんか中学生くらいのアニメが案外好きかもしれません。

 

個人的には伏兵的なアニメでした。今ははるおが受験に失敗したところで、高校生編はどうなるか楽しみです。日高さんと同じ高校になって仲が縮まるんだけど、結局は大野さんなんやっていう流れになりそうですね。