酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

2018年春アニメ まとめ

2018年も7月に入り、もう半年過ぎたんですねー。春アニメも終わって夏アニメが始まりました。春アニメの感想を纏めとこうと思います。書く順番に意味はないです。

 

ピアノの森

綺麗に終わったような結果はどうだったのか気になるような終わり方でした。話的にはクライマックスを迎えてしまっており、二期もあるようですがどんな話になるんでしょうね。終盤にサブキャラがどばどば出てきたけど、掘り下げは少なめだった気がします。二期はそこらへんの掘り下げがあるんですかね。演出面では各キャラの音楽の凄みみたいなのが良く表現されていて、チャレンジングな良作だった気がします。

 

ヲタクに恋は難しい

オタクあるある系ラブコメ。まあまあ楽しめたかな。ある程度オタクネタやノリが分からないとつまらないので、一般受けはしなそう。途中から出てきたオドオド系キャラはあんまり好きくなかった。自分はBLはちょっと無理なタイプだけど、BLは基本少女マンガという台詞で、確かにおっさんずラブは少女マンガのようだったなあと思った。おっさんずラブはとても面白かったので、もしかしたらBLも読めるものがあるかもしれないけど、やっぱり手を出さないでおこうと思う。話が逸れた。

 

ゴールデンカムイ

これも分割二期でしたっけ。だいぶぶつ切り感があるので、話の流れ忘れそうだなあ。どんどん新キャラクターが出てくるので、飽きが来ない構成になってた気がする。サスペンスだったりバトルだったり推理?だったりグルメだったりコメディだったり色んな要素があって総じて面白かったけど、三つ巴の争いが本格化する前に終わった感ある。原作を一気見すると面白そう。

 

奴隷区

案の定全然共感できずに切った。

 

かくりよの宿飯

案の定飽きて切った。

 

ヒナまつり

今期で一番笑えたアニメだった気がする。極道と少女の掛け合いだったり、少女がバーテンダーやってたり、少女がホームレスしてたりなどなど、ギャップの面白さを誰もが笑える形でギャグに落としていると思う。あと、キャラの個性がめっちゃ立ってる。ヒナはクズキャラだから、アンズがなおさら良い子に見える。初登場時は生意気なガキって感じだけど、ホームレス編の最後とかめっちゃ感動したし、めっちゃ良い子だよなあ。あと、瞳が色んな話でツッコミキャラとして優秀だった気がする。全体的につまらない話がなかったので、二期も見たいなあ。

 

食戟のソーマ

これもだいぶぶつ切りな感じで終わりましたね。まあ尺的にしかたない。なんとなく見てたけど、よく思い返すとそんなにおもろくなかったような気がしてきた。どっちが勝つか予測できる戦いが多かった気がするなあ。続きがあったとして見るかは微妙。

 

東京喰種re

一応区切りのところで終わりましたが、これから色々あるのにってところで終わりましたね。原作は完結したそうで、最後までアニメ化するには後数クール必要そうだけど、どうせなら最後までアニメ化してほしいですね。宮野真守演じる月山さんが面白かったです。

 

フルメタルパニック

クール内に終わらなかったのは万策が尽きていたのか、ストーリーの尺的に溢れちゃったのかわかりませんが、1クールでしっかり終わらせてくれないと、特別番組で最後をやられても見忘れる人多そう。ここはfate extraと同じ文句ですね。内容としては、割と惨敗してたので意外でしたね。かなめがヒロインとはいえ、ナミは殺さないで欲しかったなあ。

 

SAO GGO

sao本編とは全く関係ありませんでしたが、銃のバトルものとしては普通に面白かったと思います。主人公のキャラクターはそんな好きじゃなかったというか、殺すって良く言うイメージでしたが、軽く聞こえるのが気になる気がしました。個人的に俺強えー系は結果好きなので割とよかったです。

 

デビルズライン

普通に見てたつもりなんですが、正直男キャラが全然覚えられず、なんかよく分からなくなりました。顔が似てるキャラが多いと思うんですよねー。声の違いは分かったんですが、声と顔と名前が一致しなかった。。結局はあまり真面目に見てなかったからかもしれないですね。内容としては、主人公があんざいさん。。。って言って無茶する展開が多くて飽きてしまった気がします。それであんまり真面目に見なくなってしまいましたね。

 

3D彼女 リアルガール

なんかずっと同じような展開を見ている気がしてだんだん辟易としちゃいましたね。主人公が最後の方まで、俺なんかが〜とか俺はダメだ〜とか言ってて割とイライラしてしまいました。。ほかに話膨らませるような展開はないのかと思いましたね。二期もあるようですが、二期も同じような展開を繰り返すのはやめてほしいですね。見るかはわかりませんが。。

 

ひそねとまそたん

最後はご都合感のある終わり方でしたが、全体通して飽きない話になってたと思います。斬新な設定だったりキャラが非常に個性的だったりと岡田麿里らしさを感じられるストーリーだと感じました。それだけに最後の詰めというか終わり方はなんか雑だったのが残念ですね。edは斬新でよかったです。

 

LOST SONG

最初はなんの変哲もないファンタジーかあって思って適当にみてましたけど、途中からなんか隕石降ってくる超展開になって少し引き込まれました。まあCMとかで不穏な感じは出てたので予想してましたけど。ただやっぱり主人公がウザすぎるし話も凡庸なイメージでしたねー。

 

ダーリンインザフランクス

なんか最後の方が流石に雑。戦闘もだいたい叫んでビーム打って終わりって感じで雑。過去編からの流れは良かっただけに、そこからが停滞して雑に終わらせた印象になってしまいましたね。最後ゼロツーデカすぎてなんか笑ってしまった。なんで宇宙規模にしちゃったのかなあ。設定壮大にしなくていいからワンクールで過去編入れて普通に叫竜と戦って終わればよかったのではと思ってしまう。なんか最近の2クールものでちゃんとしてるのってあんまみないなあ。。

 

斉木楠雄のΨ難

前期からの続き物。安定感あり。頭を空っぽにして見れるという感想は変わらず。サザエさんみたいなもんですね。

 

弱虫ペダル

ピンチの時やゴール前の時に回想に入ってそこから挽回ーみたいな展開がいつもあって、様式美のようにも感じるし、飽きが来てるようにも感じる。。ただ、流石の熱さを持っていて、鳴子の粘りのシーンから今泉が追いつくところは今回で一番熱かったと思いますね。弱ペダはとにかく熱さを見せてくれれば満足なので、楽しめたかなと思います。

 

計17作品でした。正直飛び抜けて面白い作品はなかった印象ですね。改めて考えるとひそまそ、ヒナまつりあたりが面白かったかなあ。オリジナルアニメではあんまり面白いのがないって思ってしまいます。夏アニメの記事もしばらくしたら書きます。