酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

サッカー日本代表 ポーランド戦感想

日本代表、決勝トーナメント進出しましたねー。まさか日本がグループリーグを勝ち上がるなんて1ミリも思ってませんでしたよ。サッカーは何があるかわからんもんですね。ただ、勝ち上がり方に関してはかなーり賛否ある感じでして。そこらへんについて少し書いとこうと思います。

 

先発入れ替え策について

ポーランド戦、日本は先発6人入れ替える策に出ましたね。単純にポーランド戦の勝利だけ考えると、先発を変えない方が良かったと思います。正直言って連携が全然うまくいっておらず、特に後半は攻撃の形が全然できてませんでしたね。ボランチと前線が間延びして、中盤で上手くボールが回せてない印象でした。日本の攻撃の心臓は柴崎ですが、柴崎がいい位置でボールを捌けないのでチャンスなしといった感じでした。正直ベストでないメンバーで勝てるほどポーランドは甘くないですよね。

この試合に限って言えば先発入れ替えは失敗だったと思いますが、結局主力を温存して決勝トーナメントに進めたので、結果としては西野監督は博打に勝ったのかなあとも思います。ただし、ポーランド戦もメンバー変えずに戦い、いい感じで勝って、決勝トーナメント進出を決めていたら、チームに勢いが更に出ていたかもしれない、ということも考えられてます。ベルギーは別格レベルに強いので、勝ってイングランド当たってた方が良かった気もしますが、まあたらればなので考えてもしょーがないですね。

 

終盤の時間つぶしについて

これはかなり賛否ある感じで、海外メディアからはだいぶ叩かれてるみたいですが、一方で、国内では否定的な意見を言った芸能人が叩かれたりだとかもあり、正直公人の方はあんまり触らない方が良い話題です。

個人的には、実際試合を見てる時、なんだよこれふざけんなと思いました。負けてる状態で、時間稼ぎとか惨めすぎますし、セネガルが点入れたら終わりですし。試合終わってからもなんだかもやもやするすっきりしない感じでした。

ただ改めて考えてみると、割と現実的な決断だったのかなあとも思います。セネガルとコロンビアの実力差を考えると、セネガルが追いつく可能性が低いと考えるのは妥当だと思います。また、ポーランド戦の日本は攻撃の形がまるでダメだったのであのまま攻めても、カウンターを食らう可能性の方が高かったと思います。ここまで考えると、決勝トーナメントに行くための一番確率の高い策があのような時間稼ぎだったのかなあと感じますね。逆に言うとあのような姑息な手を使わないと決勝トーナメントに行けないような実力と見ることもできますし、それだけ強い気持ちで何がなんでも決勝トーナメントに行きたかったとも見れます。(確実に決勝トーナメント行きたいならベストメンバーで行けよと思いますが。)ただ、どんな形でも決勝トーナメント行けるのは素直にすごいと思います。

 

結局11人のチームには勝ってないよね

振り返って見れば日本のグループリーグの成績は1勝1敗1分で、まだ11人のチームには勝っていません。コロンビアが11人だったら勝てていたとは思えないので、決勝トーナメントに行けるのは運によるものが大きいですよね。次の相手はベルギーで、全く勝てる気がしませんが、もはや何が起こるかわからないので少しだけ期待してみようかと思います。ポーランド戦での唯一の好材料は川島の復活でしたので、川島が神セーブ連発すればワンチャンあるかもしれないくらいですね。

ただ朝早いので見るのは後半からかなあ。