酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 感想

f:id:sakepotech:20190921234227p:plain

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝を見てきました。中身は全くリサーチせずに行ったのですが、絶対泣くだろうなという予想だけあって、案の定めっちゃ泣ける映画でした。以下ネタバレありです。

 

前段

感想に入る前に前段として。テレビアニメとして放送されていたのは去年くらいだった気がしますが、ここ数年で1番泣けたと言っても過言ではないくらい、涙腺が破壊されたアニメで、めちゃくちゃ好きな作品でした。なので、劇場版があると知った時から絶対見ると決めていましたね。その上、先日の京アニの事件があり、作品を見に行くことが京アニに対する1番の支援だし、多くのクリエイター達の遺作となってしまった作品にもなるため、1人のアニメ好きとしても、どうしても見に行くと固く心に決めていました。

京アニに対しては金銭的な支援も多くされていますが、作品を見に行ってその感想をネットの端に書くことも、微々たるものですが、支援に繋がるのではとも思いつつ、この感想を書く次第です。

とまあ、大仰なことを書きましたが、凝った感想にせず、いつも通り感じたことをざっと書きたいと思います。

 

姉妹愛のエモさ

映画のテーマはとてもはっきりしていて、姉妹の絆が主題となっています。

ヴァイオレットが家庭教師に選ばれた理由がよくわからなかったり、幼く字も読めないテイラーが1人でヴァイオレットのもとへどうやってきたのかとか、論理的に?な部分もありましたが、エイミーとテイラーのお互いに対する想いに関しては、それらの?を補って余りあるエモさで、涙する場面が多かったです。

物語全体は前半、後半に分かれており、前半がエイミー側の話で、後半がテイラー側となってます。

前半の最初の方は、ヴァイオレットとエイミーの百合的な描写が多く、途中まで百合マンセー映画かよって思ってたのですけど、前半の終盤でエイミーからテイラーへの想いが語られるとこでまず泣きましたねー。テイラーへの手紙の中で『名前を呼んで』という言葉が出てきます。名前を呼ぶという行為はこの作品でもかなりキモになるところですよね。名前を呼ぶことは、古来から愛情を表していて、古典的でベタといえばそうなんですけど、やっぱりエモいの一言でした。

後半はテイラーの描写がメインとなるわけですが、はっきり覚えていなくとも、姉のことを思い続けているところが良かったですね。郵便配達員のベネディクトくんもぶっきらぼうに見えて、とても面倒見が良くてめっちゃいいやつやんってなりました。そして、この作品の山である、最後に手紙を渡すところは、シンプルながらとても泣けました。テレビシリーズの時も思ったんですけど、手紙というアイテムが感動できる要素をずるいくらいに含んでるというか、個人的には手紙出されるとすぐ泣いちゃうんですよね。人の想いを具現化したものであって、その感情がありったけ詰められてるものが相手に届いた瞬間はやっぱり感動できるなあと思いますを

 

前半と後半の対比

本作では、前半でのヴァイオレットとエイミーの関係と、後半でのヴァイオレットとテイラーの関係が対比されて表現されています。特に、髪をゆい合うところが前半でも後半でも出てきていて、出会うことのないテイラーとエイミーを、ヴァイオレットが繋いでる感じがして非常にエモかったです。

また、テレビシリーズでも描かれたことですが、改めてヴァイオレットの成長を感じることができました。機械のような人間だったヴァイオレットが、エイミーを友達だと認識して、その妹であるテイラーに対しては気にかける手紙を送るなんて、昔からしたら考えられないことですよね。『愛してる』がなにか分からなかった彼女は、もうすでに愛というものを知っていて大切に思っているので、成長したなあと改めて感じて、感動しましたね。

 

主題歌

テレビシリーズのOPとEDも好きで、特にEDの茅原実里さんのみちしるべはめちゃくちゃ好きでした。この曲には何度も泣かされた気がします。今回の外伝のEDも茅原実里さんが歌っているのですが、このエイミーという曲もとてもエモいです。映画視聴時には気づかなかったのですが、曲の1番と2番で視点が変わっていて、1番はエイミー、2番はテイラーの視点になってます。まんまこの映画の構成と同じで、お互いの気持ちが表現されていて、あらためて聴くととてもグッとくる曲になってます。

 

すごい好きな作品なので、続編の映画もとても楽しみにしています。全く急かすつもりはなく、いつまでも待ってるので、頑張れとしか言えないんですが、本当に京アニを応援してますって感じです。

 

 

【MHWIB感想】イヴェルカーナ撃退(1回目)まで

f:id:sakepotech:20190912203209p:plain

三連休はひたすらアイスボーンやってたので、感想を小出しで書いていこうかと思います。ちなみに武器はずっと大剣で、ジャグラスのやつでラスボスまで行きました。

 

プケプケ亜種

水属性のプケプケ。単なるプケプケだと思って舐めてましたが、案外時間かかった印象です。ケツから水出すのとか面食らいますが、マスターランクの装備があればまず大丈夫でしょう。

 

パオルムー亜種

めっちゃだるかった気がします。睡眠が厄介なので元気ドリンコが必須でした。いたる所に睡眠ガスを撒かれて、立ち回りが制限されるのもだるいです。大剣だったので、飛ばれるとあんまりできることもなく、面倒かったですね。次やるならボウガンで行きたいです。

 

ベリオロス

序盤の壁と聞いていたのですが、防具をマスターに揃えていたのでそこまで強さを感じませんでした。ただ、結構素早いので、真溜めが当てずらかったですね。回復カスタム2個つけた大剣でゴリ押してました。寝床に行ったはずが、寝る前に行ってしまい最後ぐだった記憶があります。

 

ナルガクルガ

素早いけど尻尾が地面に刺さってる時など案外隙がありました。ただ、怒ってる時はとても素早い印象です。大剣で狩りやすいモンスターではないですね。罠で嵌めて真溜めとか、足止めできる方法があるとやりやすいです。

 

ディノバルド

カッコいい。厨二心をくすぐるモンスター。モーション見切るのに時間かかって初見では苦戦しました。特に溜めてから大技の大回転斬りみたいなやつは初見では、攻撃範囲広!ってなりました。ただ慣れればそんな強くない気がします。

 

ティガレックス  

暴れまわってる時はウザいですが、案外バテたり転んだりしてくれるので、隙があるときに溜め斬りしてれば勝てました。β版でやってたので、そこそこ慣れてましたね。15分縛りがないので、落ち着いてやってれば大丈夫でした。

 

ブラキディオス

だいぶだるかったです。爆発武器が強いらしいのでたくさん狩りたいですが、やっぱりめんどいですね。粘液部分に触ると爆発するのでコロコロしないといけないのがだるいです。うちけしの実でも回復できるみたいですが。パオルムー亜種とかバゼリギウスとかもですが、移動できる部分を制限してくる敵はだるいですね。特に近接は近づかないと攻撃できないので、隙があるのに近づかない状況はイラッとします。そういう意味で、やっぱりボウガンが一番個人的に好きですね。

 

イヴェルカーナ撃退

氷を纏っていないのでめっちゃ余裕です。β版触ってたので、あれっ?って感じでした。一番強力ななぎ払いブレスをしてこないので、適当に戯れていたら倒せました。ただ割と動き回るので大剣で真溜めを当てるのはむずかったです。罠での拘束もできないので、大剣との相性はあんまよくない気がしましたね。

 

とりあえず、イヴェルカーナ撃退まででした。マスターの防具作っとけば、時間かかりつつも倒せるかなって感じですね。

nendなら一瞬で承認された

ãã­ã°ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ã¦ã§ããµã¤ãï¼

以前グーグルアドセンスを諦めた話を書いたのですが、実は他のアドセンスを登録できたので、そのことを書いてみます。

 

↓グーグルアドセンスを諦めた話

www.sakepotech.com

nend

私が登録したのはnendというアドセンスです。アドセンスはグーグルが人気かつ知名度も高いのですが、同じようなことができるサービスは他にもありました。グーグルアドセンスは諦めたとはいえ、せっかくはてなproにしたので、なんらかのアドセンスをやりたいかもなーと思い、探したところ、nendの評判が悪くなかったので始めてみました。

nendはスマホ用の広告のみのアドセンスです。登録してから一瞬でサイトが承認され、グーグルでの苦労はなんだったんだろうってなりました。手軽に始められるのがいいところですね。

 

ただし稼げない

こないだ、初めて最初の収益が出たのですが、ほんとに稼げないです。稼ぎたかったら自販機の下探し回ったほうがまだマシなレベルの収益でした。私のブログは1日のアクセスが30程度の弱小もいいとこなブログなので、稼げるわけないなあというのが、感想ですね。グーグルだったらもっと稼げてたのかもしれないけど、今のPVならどっちにしろたいして稼げないでしょう。負け惜しみでしかないですが、グーグルに拘る必要もなかったかなと勝手に再認識しました。とはいえ、今までブログが生み出していた利益は0だったし、なんならはてなpro分でマイナスだったわけですが、無視できるほどの微小な収益でも、0だったものが1を超えたことは個人的には大きい気がしていて、少しブログのモチベが上がりつつあります。もっとPV増やしたいとか収益出したいとかは思ってないですが、とりあえずは記事の数増やしていこうかなと思ってます。今後も、表現せずに自分の中で消えていってたものをアウトプットできるように頑張っていきたいです。

あと、nendの結果を見てて思ったのが、クリックされる確率が、普通の記事上とかの埋め込み広告よりも、オーバーレイ型の広告の方が10倍クリックされてました。オーバーレイ型の広告は、スマホのサイトを見るときに、下の方に帯状に表示されてて、スクロールしても消えないやつです。単なる誤タップなんだろうなと思いますが、オーバーレイ型の広告を利用していくと、効果的に収益につながりやすいようです。ただ、サイトを見る側としては、スクロールしても消えないタイプの広告はウザいと思いますし、ユーザーから嫌われる可能性も覚悟しなきゃかもしれません。

 

たいして稼げませんが、気楽に始められてモチベ維持にもつながるかもなので、悪くないと思ってます。

【MHWIB感想】トビカガチ亜種まで

f:id:sakepotech:20190912203209p:plain
モンハンワールドアイスボーン発売となりました。本当は発売直後からやりたかったのですが、バタバタしててできず。やっとできたので、とりあえずトビカガチ亜種までの感想をちょいちょい残していきたいと思います。

 

雑感

MRでは敵の攻撃力が大幅にUPしてるので、装備は作り直す必要ある気がしました。MRの武器防具はこれまでと次元が違うし、それを装備してる前提の敵の強さになってくるので、一撃でたくさん削られるし火力も足りずだらだらやることになりますね。これまでの努力は。。とも思いますが、最初にモンハンワールドをやった時のこっから強くなっていけるというワクワク感も感じるのでめっちゃ楽しいです。

ただ、防具のレベル上げは不要な気がします。どうせ買い換えていくと思いますし。てか何も考えずやってしまって金が吹き飛んでしまいました。

あと、当然ですが新エリアでは、ホットドリンク必須ですね。気づかずにプレイしてたらスタミナがほぼゼロになって詰みました。持っていかないとトウガラシを探す作業から始まるので忘れないようにしたいです。

 

ブランドトス

MR最初の敵がブランドトス。動きとかは大して複雑でなく、ジュラドトス並みの雑魚でした。クラッチの隙多くて、クラッチ技が決めやすいです。攻撃もわかりやすいので避けやすいです。ただ、雑魚のはずが、なんかやたら時間かかりました。MRでは敵の体力がだいぶ増えてるような気がします。なのでMR武器が欲しいところですね。なんとなく太刀で行ってみたのですが、色々忘れてたのともともと太刀のプレイヤースキルが低すぎたため異様に時間かかった気がします。しばらくは、太刀を諦め大剣で行こうかと思ってます。

 

バフバロ

こっからとりあえず大剣に変えてみたのですが、ホットドリンクを飲み忘れあっという間にスタミナがなくなり、めっちゃぐだりました。突進が多めで近接だとだるい気もしましたが、ゆうてそんな強く無いはずです。まだ大剣を使いこなせていないので、時間かかりましたね。ここら辺から、防御力がもう少し欲しくなってきました。

 

トビカガチ亜種

攻撃力高く、麻痺と毒を使ってくるところがだるい。解毒薬は持ってたのですが、攻撃チャンスで毒になると解毒に時間かかり、ストレスになりました。あと、弱っても寝ないんですかね。寝てくれず最後まで面倒でしたね。ただ、疲れて止まってくれたり、割と隙があったので、大剣の真溜めは結構当てられました。大剣に少し慣れて強さが分かってきましたね。

 

今のところ、とりあえず大剣で集中と体力増強がつくMR装備を整えていきたい方針ですね。あとはスリンガー装填UPなんかもいいかもしれない。

久々にモンハンめっちゃ楽しいってなってます。そこそこのボリュームがありそうなのでしばらくはモンハンで楽しめそうです。

サッカー日本代表 w杯予選 ミャンマー戦

f:id:sakepotech:20190912074807j:image

サッカー日本代表のw杯2次予選、ミャンマー戦がありましたね。結果は2-0で勝利ということで、とりあえず勝ち点3が取れたことは良かったと思います。ただやっぱり、あれだけ押し込んでてシュートも打ちまくっていたので、もっと点が欲しかったと思いますね。

 

勝ち点3はまあ評価できる

雨がめっちゃ降っててピッチコンディションがかなり悪かったり、アウェーの雰囲気がすごかったりなどやりにくい要素はありましたが、普通に考えれば勝って当たり前の試合でした。それだけ日本とミャンマーの間には大きな力の差がありますよね。ただ、これまでの日本代表では勝って当たり前の試合に、なかなか簡単に勝てないことが多かったと思います。勝って当たり前のプレッシャーだったり、閉じこもる相手を崩しきるアイデアがなかったり、焦りが出てきて枠外にシュートしたりとかよく見た光景でしたよね。そんな背景を考えると、前半で2点入れて、早い段階で楽になり、あとはほどほどにみたいな試合展開は理想だったと思います。中島、南野の決定力はありがたいですね。後半意図的にペースダウンしていたなら、強豪っぽい戦い方な気がします。2次予選では全ての試合で勝ち点3を取ることが目的ですが、逆に言うと、90分間ガチでやり続ける必要はないと思います。そりゃ点がたくさん入った方が楽しいですが、怪我のリスクを負ってまで本気出す必要は無いと思います。ミャンマー戦の後半はただ決定力が足らなかっただけで、意図的に力を温存していたことはなかったと思いますが、様々なマイナス要因がありつつ、勝ち点3が取れたことはある程度評価できると思います。

 

後半を見ると快勝といえる内容ではない

とはいえ、やはり後半は0点だったわけで、快勝と言えるわけじゃ無いと思います。ミャンマーは寄せもそこまできつくなく、技術もあんまなく、ボールを取られても割と簡単に取り返せるような相手でした。がっつり引かれてるとはいえチャンスはたくさんありましたし、枠に飛ばないシュートが多いのは昔から変わらないなあと思いますね。あと相変わらずセットプレーを活かせてないですよね。あんだけ沢山のコーナーがあり、ミャンマーの選手はたいして大きくもないわけですから、コーナーから点を取りたかったところです。ピッチコンディションの悪さもありましたが、キックの精度、連携の精度には課題が残りますね。

後半はとりあえず打っとこみたいな感じで、雑気味なプレーも多かったと思います。まあガチでやる必要のある展開ではなかったですが、今後同点で後半に入った時に得点力不足が重くのしかかってくることも考えられるので、やはり決定力というところは相変わらず日本の長年の課題だと感じました。

 

その他

ミャンマー戦を見たのは初めてかもしれませんが、結構サッカー熱はあるみたいですね。上裸男が乱入したところは、画面に映されないところがなんか面白かったです。観客が石を投げて没収試合になったこともあるようで、治安良くなさそうですね。まあでも治安とか貧富に限らず平等に楽しめることがサッカーの良さだと思ってます。

 

2次予選は、今後を見据えたセレクションでもあると思うので、既存の戦力の連携を固くするのも大事ですが、新戦力が結果を残して、もっと競争が激しくなると層の厚みが増していくと思いますね。

アルコイン入れてみたけど微妙だった話

ネガキャンしたいわけじゃ無いのですが、アルコインというアプリが微妙だったことを残しておきます。

 

アルコインというアプリは、歩いた距離に応じてポイントがもらえるというアプリです。だいたい毎日通勤で歩くので、万歩計として使えるかつアプリ入れてるだけでお金もらえるなら入れとくかって思い始めてみました。

万歩計機能として正確かどうかは検証したことがないのでわからないですが、歩数の履歴がグラフになって出るので、今週はいつ歩いたとかがわかったりします。まあ万歩計としては普通のアプリですね。

ただ、肝心のポイントがしょっぱすぎると感じました。ポイントの換金方法としてガチャを引くのと、コイン交換があります。

ガチャは何度か引きましたが、全く当たらず、ネットでもガチャが当たらないという評判が多い気がします。1等1万円って書いてありますが、ほんとに出てるのかは怪しいところです。

またコイン交換については、500枚で50円分に交換できるのですが、交換枚数が増えるごとに、効率が上がっていき、25000枚で1万円分と交換できます。

だいたい数ヶ月入れていて500枚くらい貯まりましたので、コイン交換で考えると月数十円程度にしかなりません。25000枚貯めるには、単純に計算すると12年くらいかかります。ただアプリを入れとくだけですが、これはいくらなんでも効率が悪すぎる気がしますし、12年後にサービスが続いてるわけもない気がします。今後、もっとコイン配布が増えたり、換金効率が良くなったり、ガチャ確率が上がるかもしれませんが、運営側のユーザーに徳をさせまいとする姿勢が見える気がして、アンインストールしてしまいました。あと単純に起動が遅いところもイライラポイントでした。

ちょっとネットを漁ってみたところ、同じようなアプリでFiNKとCoke onというアプリがあるようです。

Coke onは歩くとスタンプがもらえスタンプを貯めるとコーラがもらえるというものです。3ヶ月程度で一本コーラがもらえる計算になりそうで、とりあえず入れてみています。

FiNKはポイントサイト的なもののようで、健康管理ができるみたいです。まだやっていないのですが、アルコインよりも換金性が高くお得な感じがするので、やってみようかなと思います。

サッカー日本代表 パラグアイ戦(キリンチャレンジカップ)感想

f:id:sakepotech:20190907112001j:image

久々に代表の試合を見たので感想書きたいと思います。サッカーの記事を書くのはとても久しぶりです。内容も良く、2-0で完勝ということで、文句があんまりない感じでした。

 

試合内容

キリンチャレンジカップということで、練習試合なので相手もガチではないですし、交代枠もたっぷりあり、相手のコンディション悪めと、実践とは違う要素もありましたが、南米の相手に対し、2-0で勝利しつつ、非常に内容も良かったので、あまり文句のない内容でしたね。

特に前半の攻撃では、縦パスが効果的に入ったり、サイドチェンジできてたり、サイドバックが攻撃参加できていて、得点の気配を多く感じました。1点目は中島が空けたスペースを長友がうまく使い大迫がきっちり決めてくれた非常に綺麗なゴールでしたし、2点目も流れるパスワークで酒井宏樹から南野が押し込んで決めました。2点ともサイドから効果的に攻めることができていて、攻撃としては理想の形だったと思います。

守備では、橋本が中盤の安定化に貢献していたと思いますし、冨安の安定感はさすがだと感じました。これでまだ20歳なので、とても期待できますね。

後半はペースダウンしていましたが、大迫と柴崎がいなくなると、パスの出し手と受け手の中心がいなくなり不安定になるかなって気がします。久保くんは技術の高さを見せており、前半のメンバーに久保くんが入っていたらもっと得点に近いプレーが出てそうでしたね。

 

今後のメンバーについて

前半と後半を比べてしまうと、やはり前半がベストメンバーな気がします。大迫、中島、柴崎、冨安、吉田あたりはチームとして不可欠な存在ですね。ディフェンダーとボランチは前半のメンバーがベストで、変えがきかないかなって感じですね。

センターバックについては、個人的にはw杯で悔しい思いをした昌子あたりが出てきて欲しい気持ちもあります。サイドバックは長友、酒井宏樹と同レベルの選手はまだ日本にいなそうです。逆に言うとこの2人が怪我するとやばいです。ボランチも柴崎、橋本が現状ベストっぽいです。コパでは遠藤航がいい動きをしてましたが、怪我してるんですかね。

MFは中島はやっぱり使いたいところで、南野、堂安、久保あたりが候補でしょうか。ワントップは大迫が不動な存在ですかね。スピードがある永井も魅力的ですけどね。

こうしてみると、いつのまにか日本は層が厚かなった気がしますし、ワクワクしますね。

 

w杯を見据えて

これからw杯予選が始まるわけで、本選のことを考えるのは尚早な気もしますが、本選を見据えると、強豪とのガチマッチメイクが足りないように感じます。キリンチャレンジカップで強豪とマッチメイクしてもあまり本気でやってくれないですし、そこまで効果的な強化に繋がらないと思うんですよね。今回のパラグアイもコンディション調整してなかったと思いますし、本来の実力ではなかったと思います。なのでやっぱりコパアメリカはガチメンバーで行って欲しかったですね。今更ですが。。

まあ、とりあえず予選を突破しないと始まらない話なので、早々に決めて本選を見据えた強化を進めて行ってほしいものです。アジア予選も簡単では無いと思いますが、ここでつまずいていてはその先は夢のまた夢ですしね。