酒とポテチと僕

アニメ、ゲーム、小説、音楽などの感想を綴るブログ

映画 スマホを落としただけなのに 感想

f:id:sakepotech:20190818165127p:plain

だいぶ前ですが、飛行機で見る機会があったので、感想を書いときます。話としても普通に面白かったですし、セキュリティ管理の教材としてもいい見本になる作品でした。パスワードは安易なものにしないようにしましょうね。以下ネタバレ有りです。

 

セキュリティ管理の教本のような作品

スマホを落としたことをきっかけにして、どんどん情報を抜き取られていくストーリーなのですが、主人公の恐怖感がすごい伝わってきましたね。パスワードを破られる過程が結構リアルというか、未だにパスワードを生年月日にしてしまう人とか案外いると思うですが、そういうところからずるずると情報を取られ、はめられていくところがリアリティあってハラハラしました。とにかくセキュリティ管理をしっかりしないと、特に女性はストーカーみたいなのがいつついてしまうか分からないと思うので、ちょっとのことで大変なことになるなあって思いますね。そういう意味ではセキュリティ管理の重要性を啓発するのにうってつけな作品だと感じました。会社の研修とかで見るビデオよりも、危機感を伝えるのにはいいんじゃないかって思いますね。まあ、会社の研修で見せる訳にはいかないと思いますが。。

 

犯人役の怪演

犯人については、警察側の人にミスリードさせるような演出があったわけですが、真犯人が初めて出てきた時に〇〇さんの部下で頼まれて来ましたって言った時点で怪しい。。って思いました。犯人と分かった後の振る舞いはまさにクレイジーで、犯人の拗らせた精神性がありありと表現されてたと思います。母親からの愛に飢えすぎていた部分が殺意に繋がっていて、母親の面影を感じる人に対して母親を投影し殺意を持ってしまうというかなり狂った人物でした。その狂気が終盤に猛威を振るう感じで、サスペンスものとしての面白さが出てたと思います。

 

純愛物としての側面

北川景子演じる麻美には、麻美に成り代わった人物であったという大きな秘密がありました。これは結構驚きでしたね。富田はそのことを知って動揺するわけですが、麻美のスマホにある自分の写真を見て、麻美の自分への愛の深さを知るっていう流れは純愛物としてすごい良かったです。大事な人の写真を入れておけるスマホは宝箱でもあるっていう麻美の台詞が心に残ってまして、だからこそしっかり守らないといけないですよねって感じました。ラストは、また誰かが落としたスマホが写って終わりますが、ちゃんと情報守ろうよってメッセージだと思います。

 

セキュリティ教訓

本作ではセキュリティ的に甘い部分から危険な場面につながってしまっており、最後に情報セキュリティの観点での教訓をあげとこうかなと思います。

・パスワードを簡単なものにしない

非常に基本的なことですね。生年月日関係は自分の生年月日でなくてもアウトだと思います。たしか、自分の名前と生年月日の組み合わせのパスワードが破られていたと思いますが、これはまずいよなあって思いながら見てました。

・SNS上で知り合った人を信用しない

これは頻繁にSNSをやる人だとあんまり警戒しないかもしれません。作中では犯人が知り合いのふりをして、いろんな罠を仕掛けてきます。これに関しては明確な対策はないかもしれないですね。なんか不審な点があれば本人に確認してみるのが大事だと思います。

・カード情報を入れるときは慎重に

自分が大事だと思ったとこはここですね。用意された決済フォームにカード情報を入れてしまったことで、カード情報を抜き取られるという場面がありました。自分は割と気軽にクレジットカードを使ってしまうのですが、信用できる決済フォームなのかはそこまで気にしてなかったので、今後はそういうところも意識した方が良いなと思いました。やっぱりSNS上で知り合った人と金銭やり取りするのは危険がはらむところですね。

 

サスペンスものとしても結構楽しめた作品でした。どうやら来年に続編が出る模様ですね。

キングダムハーツ 385/2days PS4版感想

ãã­ã³ã°ãã ãã¼ã 385/2 ã¹ãã¼ãªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

ゲームではなく映像作品ですが、PS4版の、キングダムハーツ 385/2daysを見ました。ぶっちゃけやたら長い割に途中からよくわかんなくなっていく感じで、全部見ても、はてなが残って終わる感じでした。大した感想はないのですが記事にしてみます。

 

原作はdsだったみたいなので、ゲームの部分がなく、ゲームのシナリオだけ見たらそりゃ飽きるよなって感じでした。割と起こる出来事が単調だし、ロクサスが眠りについたり、いなくなったり、出来事の理由がよくわからない感じのことが多くてどんどん内容がわからなくなり、最終的にははてなマークだけ残るみたいな感じの印象でした。

以下、自分の理解のために話をまとめます。

ロクサスはソラのノーバディで、ソラがハートレスになった時に生まれた存在。キーブレードを扱えるため、ハートレス退治を13機関にやらされていた。シオンはロクサスのコピーみたいな存在でロクサスと一緒にハートレス退治をしてた。

ロクサスとシオンはソラの記憶と力を吸収しており、ソラが目覚めることができない原因になっていた。そのことを知ったシオンは機関を脱走、ロクサスも機関を抜けてシオンと再会。ロクサスとシオンが戦ってシオンが消滅。そのまま機関を抜けたロクサスはリクに回収されて終了。

めちゃ短くするとこんな感じでしょうか。思い返すとなんとなくわかりますが、見てる時はわけわかんなくて眠くなりましたね。そもそもノーバディが何者かがイマイチよくわかっていなかった気がしてましたし、キャラもいきなり増えてこいつなんだっけってなりましたし、やっぱゲームのシナリオだけを見ても入り込みづらいって感じました。自分でキャラを動かして戦って、その上で得られる結末とただ見るだけの結末はやっぱり感じ方が違いますよね。ただ、今更ds版にまで手を出すのはしんどすぎるので、言い方は悪いですが、シリーズのシナリオを理解するために消化するコンテンツって立ち位置でした。

ps4版では他にも映像作品がありそうで、ぶっちゃけめんどいのですが、3まで頑張ってクリアしたいと思います。

キングダムハーツ Re:チェインオブメモリーズ PS4版 感想

 

だいぶ前にクリアしたキングダムハーツ Re チェインオブメモリーズについて、うろ覚え感想を書きたいと思います。PS4版をやったのですが、どうやらDS版のリメイクのようでした。ゲームシステムが独特で最初は面白さもありましたが、途中で飽きてきたかなって感じでしたね。

 

独特なゲームシステム

カードを出すと攻撃できるという、カードゲームとアクションゲームを融合したようなゲームシステムは独特でしたね。最初はコツがわからずボスで苦戦してたのですが、カードが充実してきたり戦い方が分かってきたりすると、いい感じに戦えて割と楽しめた気がします。大体のボスはファイガ連発でなんとかなった気がします。

ただ、終盤は雑魚戦が多くて最後の方は飽きてきてたので、セーブ部屋作って飛ばしまくったりしてましたね。ある程度までレベルが上がると、勝てるかどうかはカード構成が大きく関わってくるので、そんなにレベル上げの必要性は感じませんでしたね。

ただ、ソラ編だったかのラスボスではダルかった記憶はあります。カードを全没収してくる技がだるくてイライラしましたね。食らっちゃいけない技はしっかり0とかでブレイクしつつ大技をコツコツと当ててくのが大事だったと思いますね。

 

シナリオ

シナリオは忘れかけてるのでちょっとまとめます。

ソラ編では、記憶をテーマにしてて、城を進んでくと記憶をなくていきます。

ソラはナミネにより記憶を作り変えられることで、13機関に利用されそうになってた訳ですね。なんやかんやボスを倒して、無くした記憶を取り戻すためにソラたちが眠りにつくところで終わってました。

感動するシナリオって訳じゃなかったですけど、記憶をなくす系は好きな設定なので、凡庸ですがそんなに悪くないシナリオだった気がします。

また、リク編は、リク自体の成長物語的な感じでした。自ら闇を選んだリクが、闇でも光でもない自分の道を選んで歩んでくみたいな話だったと思います。ミッキーが途中から出てきますが、基本1人なので割と孤独な感じはありましたね。ソラはずっとドナルドとグーフィという仲間がいるので、対比してリクの孤独感が出てたと思いますね。

あと全体的にcvが笑っちゃうくらい豪華ですごいなと感じました。聞いたことある声しか出てこないって印象で、そこは金かけたんだなあって思いましたね。

 

ゲームシステムは独自で面白い部分もありますが、正直なところ終盤のめんどくささの記憶が強くてあんまり人に面白いと言えるレベルのゲームではないかなって印象です。シリーズ物なのでこなす感じが強かったですね。

バビロニア0話 感想

 ãããã­ã㢠0 話ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

ダウンロード量が多くて見れてなかったのですが、fgo7章絶対魔獣戦線バビロニアの0話を見たので感想書きます。バビロニア0話というかマシュzero的な話でした。バビロニアに期待高まる出来ですごい楽しみです。

 

バビロニア0話はfgoが始まる前の部分を、ロマン視点とマシュ視点で描いた作品で、fgo0話みたいな感じでした。初期設定はほぼ忘れてたので色々再確認出来てありがたかったですね。

fgo1部は、デザイナベビーであり、無垢そのものであったマシュが、ぐだおとの旅を経て色彩を得ていく物語っていうのが再認識出来ましたね。(デザイナベビーって人造人間的なもんであってるんですかね)

2部をやってると色んな理不尽な世界に怒ったりする感情豊かな面が多く見られますが、生まれたての時代をアニメーションとして見ると、この子がこんなに大きくなって、、って感じのマシュの成長を改めて感じさせられます。

最後に色彩が流れて終わるのですが、やっぱり色彩は名曲だなあって思いました。色彩を得る前のマシュが描かれることで、色彩という曲の重みが増して鳥肌立ちましたね。色彩が一番威力を発揮するのは終章なので、どうせならそこまでアニメ化してほしい感じはあります。オケ版の色彩は本当に好きです。

今回のような、ソシャゲでアニメ配信する試みは珍しいですが、面白いと思います。データ容量が多すぎてダウンロードに30分くらいは時間がかかったので、その間携帯触らないのがストレスでしたが。。ただクオリティは高かったので待った甲斐あったと思います。バビロニア0話で本編も見たくなる人増えそうなので、本編の宣伝としては効果を発揮するんじゃないかなって思いますね。

色んなソシャゲありますが、fgoの勢いは止まらないなーって気がします。売り上げ推移とかは知りませんが、自分が昔からやってるソシャゲの中で、今もまだアクティブなやつはfgoだけですね。社会人になってあんまり時間が取れないからかも知れませんが、やはりシナリオの作り込みはソシャゲレベルを超えてますし、コンスタントにそういうレベルのシナリオを出してくれるので、めんどい時もありますが、飽きずにやれる気がします。

最後は話逸れましたが、バビロニアは結構絶望感のある話だった気がしてて、どこまでガッツリ作ってくれるか期待してます。

天気の子の考察を読んでたら昔の自分が顔を出してきた

天気の子の感想は前回の記事で書いたのですが、天気の子=エロゲという記事を読んでるうちに、エロゲにしか思えなくなったので、そんな内容のことを書きたいと思います。感想の感想みたいな感じですね。というわけで、この記事は天気の子自体の感想記事ではありません。

 

天気の子=エロゲのグランドルートシナリオ

一部の界隈が天気の子のエロゲ感について盛り上がっており、そんな話を読んでるうちに、エロゲに夢中だったあの頃の自分が目覚めてしまいました。今となってはエロゲのグランドルートにしか思えなくなりましたし、批評空間で73点のエロゲのトゥルールートって表現がしっくり来すぎてしまいます。

cr.hatenablog.com

特に、上のブログを読んだ時に、果てしなく共感してしまいました。主人公の選択の果てにようやくたどり着いた結末って考えると勝手に感慨深い気持ちになります。膨大なバッドエンドの果てにようやく幸せな結末を迎えることで、やっとここまできたかという達成感のようなものを感じるところがエロゲの良さだと思っていて、天気の子にはそんな雰囲気がめっちゃあるんですよね。1回陽菜を救えないエンドを見た後に、グランドルートが解放されて、各キャラに対する好感度をある程度満たす選択肢を取ってないと陽菜を救う結末にはたどり着けない感じすごい分かります。

また、グランドルート突入時とかに2回目の特殊オープニングとかあって鳥肌立った記憶とかあるし、

各エンドを見るたびにメイン画面が雨から晴れに変化してて、サブキャラクリア後は晴れが解決を意味するんだけど、陽菜を救えないエンドを見た後の晴れは大切なものを失ったことの象徴としてプレイヤーの心を抉ってくる感じあるし、

徹夜でグランドルートをクリアした後には、メイン画面が沈没した東京に変わる演出とかもあって、そのメイン画面を見ながら寂しさと充実感と達成感を噛みしめてる感じとかすごい思い出しました。

エロシーンは3回あった気がしてて、ラブホ行った時と再会した後と、エンディング後におまけに追加されてるやつがあった気がします。

あと夏美さんはcv伊藤静すごいわかる。

f:id:sakepotech:20190807230029p:plain

これとかわかりみが強すぎる

 昔の自分

こっからは内省的な話なんですけど、こんなにもエロゲっぽいのに見たときはそこまでエロゲ感をひしひしと感じなかったのは、エロゲに夢中だったあの頃の自分が眠ってたからだと思うんですよね。

今、天気の子に感じるワクワク感をすぐに得られなかったのは、自分が変わってしまったからでそれが残念で寂しいけど、昔の自分もまだ確かにいることがわかってよかったと思っていて、なので昔の自分とまた出会わせてくれたこの作品には感謝してますね。見た直後は1回見ればいいやと思ってますが、今はもっかい見たいってすごい感じてます。

 

天気の子 感想

ã天æ°ã®å­ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

天気の子を見てきたので感想を書きます。終わってみれば面白かったとは思うのですが、好きな所と微妙な所両方あって評価に困る感じはありました。君の名はと比べるのは、作品の感想としてはあんま良くないかもですが、個人的には君の名はの方が面白かったですね。以下ネタバレ有りです。

 

微妙だったとこ

微妙というか見てて引っかかったところは、とにかくキャラが幼稚に見えたところです。身分証も見せれない状態で上京してくる考えなしな所とか、銃を拾ってしまう所とか、16歳ならしょうがないと思いますが、主人公の帆高の幼稚な部分が結構描かれてて、見ててイライラする所はありました。警察沙汰になってるのに親の影も見えないのもあんま納得できなかったですね。主人公の上京した理由がすごいふわっとしてて、なんで帰りたくないのか、子供のわがままのように感じてしまいました。光への憧れ的な雰囲気で描かれてましたけど、陽菜に会う前のどん底な生活の中で何故帰ろうと思わないのか不思議でしたね。大人の自分には共感しづらい真っ直ぐさというか猪突猛進な感じを描きたかったんだと思います。

警察から逃げてる所とか、こういう話どっかのエロゲーで読んだ気がするって思ってました。話としては、大人に追われる少年少女みたいな展開って良くあるやつですよね。

 

良かったとこ

良かったとこは、テーマがシンプルに一貫してたところですね。幼稚なんだけど純粋で真っ直ぐに、世界よりも君がいいっていう感情があって、100%その感情に任せて走るみたいな、底抜けに青くさいテーマが強くあったのは割と好みでした。作品にとってテーマのベクトルの強さみたいなのは大事だと思ってて、この作品は監督の、これが描きたいんや、社会通念とかコンプライアンスとかどうでもいいんやっていう信念みたいなのが伝わってきた気がしてて、ベクトルの強さを感じました。

世界と大切な人を天秤にかけるという点ではfateでも語られた話で、大切な人をとるルートがfateにおけるHFですよね。世界を捨ててまで大切な人をとるという決断は、論理性とか理性では選べない選択な訳で、100%感情な訳です。そんな青臭い100%の感情をがっつり描ききった所はすごい好きですし、それだけで良かったと思ってます。

 

メッセージ性

途中で出てくる神社かなんかのおじちゃんが、天気は人間が支配しようとしてはいけないみたいなことを言ってたと思いますけど、自然現象に逆らったらあかんみたいなメッセージもあったのかもしれません。もののけ姫ほどのメインテーマではなさそうですが。結局は水没したままで終わるので、人間の利益を追求するよりも、自然の摂理に逆らわないエンドになっていて、これも終わり方としてありだなって思います。

ただやっぱり終わり方というか世界がどうなるかっていうのはこの物語においてどうでも良くて、2人が2人で大丈夫であることが重要なのかなと思います。

 

ネットで拾った考察について

ネットで拾った考察の中で、須賀さんの奥さんも天気の巫女で、喘息の娘のために力を使い切って消えてしまっていて、須賀さんは陽菜を救えなかった世界線の帆高だって考察があってなるほどーと思いました。

須賀さんが指輪をしてるのは奥さんが消えた際に空から降ってきたのを形見として付けてるって説は納得できますし、代々木の廃ビルの場所を知っていたのも、天気の巫女の真相を知ってたからって言われると納得できます。

そんな一度諦めてしまった存在である須賀さんが、過去の自分と同じ立ち位置の帆高の背中を押すところは、どうしても諦めきれない大切なものへの想いみたいなものが感じられますね。

そう考えるとシンプルな構成の作品なようで、作り込まれてるって感じました。

 

見てるときは微妙な気持ちでしたが、終わった後色々考えてるといい作品だったと思えてきました。でも、前作君の名はより万人ウケする作品ではないですし、評価が分かれるのは間違いないですね。

 

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない 感想

 ãéãã¿æ ç»ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

前に見た青ブタの映画がすごい好きだったので感想を書きます。見てから1ヶ月以上経ってしまったので、薄まった感想になりますが、めっちゃ泣いたことは覚えてます。ネタバレありです。

 

キャラの気持ちの強さ

泣き所が非常にある作品で、割と重い感じなので、軽い気持ちではあんま見れないような作品だと思います。それぞれのキャラがする決断の重さが心にズシンとくる感じがします。

咲太が最初にする、自分の命と引き換えに翔子ちゃんの命を救おうとする決断が重いですよね。麻衣さんに泣きつかれても、自分の命を引き換えにして翔子ちゃんを救おうとしてしまうのは咲太らしいです。こういうところは化物語のアララギ君に似てますね。

麻衣さんはそんな咲太のことがわかっていて、泣きながら咲太を説得しようとするシーンはすごい泣けました。そして、そんな説得では咲太がする決断は変わらないことも麻衣さんはわかっていて、自分の命をかけて咲太を救った麻衣さんの決断に、咲太への想いの強さが出ていたと思います。ほんとに麻衣さんはいい女って感じです。咲太を理解しきってるところとかは戦場ヶ原さんに似てますよね。

また、翔子さんも咲太を救うために動いていて、この作品はみんな自分じゃなくて大切な人のために動いていて、その気持ちの強さをひしひしと感じますね。

個人的には、咲太の最終的な決断のところが一番泣けましたね。麻衣さんを選ぶことは翔子ちゃんを選ばないことであって、何かを選ぶということは何かを選ばないということというシンプルなテーマが胸に刺さります。どちらも救いたいけど、翔子ちゃんを救った世界の結末が分かっていて、最終的に泣きながら麻衣さんを選ぶ咲太の辛さがすごい分かってめっちゃ泣きました。ご都合感で2人とも救うようなシナリオにせず、痛みを受け入れてしっかり選ぶというシナリオはすごい好みです。

 

タイムスリップの話

今回の舞台装置的なポイントは翔子さんがタイムスリップしてきてるってとこでしたが、超ひも理論が出てきてたので、タイムスリップ関係ありそうな予感はしてました。一度麻衣さんを失くしてから、過去に戻って麻衣さんを救うという展開はタイムスリップもので使い古された手法ですが、やっぱりこういうの好きです。

タイムスリップしてから誰にも見つけてもらえない咲太の焦りは、こちらもハラハラしましたし、そこで朋絵に見つけてもらった時は咲太の安堵感が伝わってきましたね。

 

優しいラスト

最後は翔子ちゃんが救われた世界となり、翔子ちゃんと再会するというラストでしたが、これもすごい良かったなあと思います。結局救われるのかとも思いましたが、優しい終わり方でやっぱり好きです。見てて辛いシーンの多い作品で精神的負荷が高めでしたが、最後の翔子ちゃんの笑顔のシーンで全てが報われたというか良かったなあ、、、ってなりました。

 

すごく好きな作品でした。それだけに感想を書くのが難しくて、うまくまとまりませんでした。やっぱり感想は鮮度が大事ですね。というわけでこないだ見た天気の子はすぐ書きたいと思ってます。